言葉

お疲れモードとは?どんな意味?

当ページのリンクには広告を含む場合があります。

「最近ちょっとお疲れモードなんだよね…」などと言ったりしますが、この「お疲れモード」っていったいなんなのかよくわからない…という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、お疲れモードの意味について解説していますよ。

 

お疲れモード=疲れがたまっている状態

 

お疲れモードとは、「身体や心の疲れがたまっている状態」のことを指します。

この、「疲れがたまっている」という点が重要です。例えば、ちょっとした運動や筋トレなどで生じる、少し休めば回復するような疲れに対しては「お疲れモード」とは言いません。

仕事や子育て、介護、受験勉強などが忙しくて疲労が蓄積し、体や心が疲れて本調子ではないときの状態が続いているときが「お疲れモード」なんですね。

お疲れモードになると、倦怠感や頭痛、食欲不振、イライラや気分の浮き沈み、集中力の低下といった症状が現れることがあります。

お疲れモードが長期間続くと病気になってしまう可能性もあるので、

「わたしいま、お疲れモードかも…」と感じたら、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、ストレスの解消、適度な運動を心掛けて、1日でもはやくお疲れモードを脱することが大切ですよ。

 

まとめ

本記事のまとめ

  • お疲れモードとは、「身体や心の疲れがたまっている状態」のことを指す。
  • 運動や筋トレなどで生じる、少し休めば回復するような疲れに対しては「お疲れモード」とは言わない。

 

-言葉